おでかけ

3人女児、子連れ 小平町望洋台キャンプ

小平町望洋台キャンプ場
今回は小平町望洋台キャンプ場でのキャンプです。
9月上旬、台風通過後であり、台風一過の晴天を期待し、キャンプ場へ。
到着したところ、あれ?風がめっちゃ強い!
受付のおばちゃんに聞くと、「テント張ってる人はいませんよ。コテージは空いてるよ」とのこと。一応キャンプ場へ様子を見に行ってみると、風にあおられながら、テント張ってる人が1組のみ。みんな大人しくコテージに入ってる感じ。
 シーズン中はなかなかコテージも借りられないと思い、急遽コテージ泊に変更。電源付き。コテージに入ってみると、二段ベッドが二つ、ベッドに敷くマットも置いてありました。
臭くはないけどちょっと古い匂いが…。子供は木のお家と喜んでいるのでまあ良しとしましょう。蚊取り線香を焚いて匂いをごまかしました。しかし、風は強くて、まるで仮設住宅に避難してる家族みたい・・・気をとりなおして、車で10分ほどの道の駅へ散策に出かけます、漁業の町で珍味は美味しい!有名な「藤田のタコ」(たこの専門店で、たこの燻製がおいしい)まで足を伸ばして、夜のおつまみをゲット。そのままキャンプ場下の温泉へ。レストランもあり、キッズプレートやミニカレーもあり、小上がりもあり、子連れには便利。キャンプ初心者はここで温泉と食事をとるのもいいかも。子連れで小さい子がいる中、炭をおこして、肉を焼くのは大変、荷物も多くなるので。
 炊事場は掃除がされていますが古い感じです。トイレも掃除は比較的行き届いていますが、古さは否めません、もちろんウォシュレットなんてありません。虫が飛んでて、ちょっとトイレ臭が鼻につきます。
 料金は他のキャンプ場と比較して安いので仕方ないですね。トイレは中の下という評価でしょうか。
   【トイレ】          【炊事場)
今回泊まったのは、電源付きのオートサイトでした、眺めは海が見えてなかなか良いです。天気の良いひに外で海を見ながらビールを飲んだら最高ですね。ちなみに、電源なしのオートサイトやフリーのキャンプサイトはさらに眺めが良いです!
 全体的にきれいですね、ごみ一つ落ちていませんでした。芝もきれいに刈られています。海もきれいに見えますね。
ABOUT ME
tanakadan
北海道の東神楽町在住(ほぼ北海道の真ん中らへん)の40代男性です。5歳、4歳、1歳の女子を育児しています。 北海道の子連れで楽しめる場所を紹介していきたいと思います。